2007年03月26日

北海道旅行おすすめの一つ「旭山動物園」あざらし館

四季折々に豊かな表情を見せる大自然、北海道。春は、高く澄み渡る青い空とさわやかな風、鮮やかな緑の大地に心地よさに溢れるこの時期に、いま話題の旭山動物園の愛くるしい動物たちの姿を紹介します。
aza1.jpgaza2.jpg2004年6月にオープンした「あざらし館」。
 屋外は北海道内の漁港をイメージするために、小さな漁船やテトラポットがあります。また、アザラシの野生環境を再現するために、ウミネコやオオセグロカモメ、オジロワシも飼育しています。
 館内に入れば、アザラシの特徴的な泳ぎを観察できる「マリンウェイ(円柱水槽)」や大水槽があります。その他にも、北海道の魚類などを観察できる水槽もあります。
aza3.jpgあざらし館に入るとすぐに見えるのが、「マリンウェイ(円柱水槽)」と大水槽です。これらは水路でつながっており、アザラシが自由に泳いでいる姿が見られます。

 アザラシの特徴的な泳ぎ方がわかりますよ。泳ぐときは体のどの部分を使っているか、観察しながらアザラシを見て下さい!

 この施設では、いろんな角度からのアザラシを間近で見ることが出来ます。
 間近で見ることで、アザラシの体を細かいところまで観察することが出来ます。今まで気づかなかったことがわかりますよ。

aza4.jpg「マリンウェイ(円柱水槽)」では、こんなに近くでアザラシが見られます。

 アザラシは好奇心旺盛(こうきしんおうせい)なので、マリンウェイを通るときは、みなさんのことを見ながら泳いでいる様子も見られます。また、アザラシの泳いでいる表情なども見られます。

 アザラシの目線を見て下さい!ひょっとしたらアザラシと目が合うときがあるかも・・・。

aza5.jpgaza6.jpg館内から外に出ると、アザラシの岸辺に出ます。
 そこでは、アザラシが岩場に登り、寝ている姿などや、顔を出しながら泳ぐ姿などが見られます。

 屋外放飼場には、アザラシと混合飼育している、ウミネコ・オオセグロカモメ(冬期は見られません)、オジロワシが見られます。

 陸上でのアザラシは水中とは違った動きをします。それを観察するのも一つの楽しみです。
 水中から見るアザラシとはまた違うアザラシに注目です!aza9.jpgあざらし館の外の全景

aza7.jpg屋外放飼場では、もぐもぐタイムを行っています。飼育係から直接アザラシについての解説や、エサを食べるアザラシの姿などが見られます。

 もぐもぐタイムの時間については、各門の看板にあるので、チェックを欠かさずに!

 私たちにとって身近な動物であるアザラシにぜひ会いに来て下さいね!aza11.jpg気持ちよく泳ぐアザラシ

posted by 井上 昭三 at 13:43| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。